別荘と言うのはお金持ちの象徴のような建物で、誰だって憧れるものでしょう。しかし見方を少し変えれば安い住宅ということも言えるのではないでしょうか。たとえば別荘と言うのは地域的には郊外や田舎に建っているのだから、その分建築費用も安くなるし、思ったよりはお金がかからないはずです。また建物の大きさ次第ではさらに費用を抑えられるでしょうから、少なくとも現代における中流家庭ならば必ずしも手の届かないものではないでしょう。むしろ高級という先入観が強すぎて、調べることもしないと言うのが本当のところではないでしょうか。こうした状況に対しては不動産屋も積極的な売り込みを考えるべきです。実際のところ場所や建物次第では一千万以下で手に入る別荘だってあるはずだし、それなら手に入れてもいいと思う人は、特にお金持ちの高齢者の中には意外と多く存在するるのではないでしょうか。

別荘の代名詞の軽井沢で夏休み

昔から別荘といえば、蓼科や軽井沢がその代名詞として挙げらてきました。我が家も父が友人何人かと一緒にお金を出し合って、北軽井沢に別荘を建てました。共同出資なので一人頭の出資金は100万円程度で、当時はそれほど負担なく別荘を持つことが出来ました。夏場などは人気のシーズンですので、予め予約制にしてお互いバッティングしないようにしていました。軽井沢は避暑地と呼ばれているだけあって、夏は本当に涼しくて夕方になると寒いくらいになります。私達家族は主に夏休みに訪れていましたが、冬は冬で軽井沢でスキーも楽しめます。都会で暮らしている者にとって軽井沢は本当に空気が綺麗で、そこに行くだけで心が洗われるような、そんな気持ちになったことを思い出します。今は周辺にアウトレットなども出来て、軽井沢に行く楽しみも増えて嬉しい限りです。

別荘を建てて、気分をリラックスできる場所として

自宅とは別に別荘を建てたいと思う方もいらっしゃるかと思います。自然がいっぱいのところに別荘を建てることで、夏の時期などのまとまった休みが取れたときに、自分の別荘へ泊まって、自然を楽しみたいものですね。いつも生活をしているところとは違う場所へ行くと、仕事と切り離されるのです。バーベキューをしたりして、静かなところで自然を満喫したいものですね。生活に余裕が出て来ましたら、もう一つの家を地方に建ててみられるといいかと思います。私は、自然の中で暮らせることは、気持ちも晴れやかになれますので、私も機会があれば、建ててみたいと思いますね。家の周りは、緑に囲まれたところで、朝起きると、鳥の鳴き声が聞こえると、すがすがしい気持ちで起きられますね。地方は、都会と比べても土地も安いところが多いので、老後の生活のためにも、建てておくことが必要かと思いますね。

地元鋸南町を中心に南房総市、館山市、富津市、君津市、木更津市の内房をエリアとしています当社は地元スタッフを中心にお客様の千葉・南房総で別荘をお探しの方を応援しています。南房総の海辺の別荘のことなら当社にお任せ下さい。田舎暮らしにぴったりの一軒家から憧れのリゾートマンションまで多数ご用意しております。千葉で田舎暮らしをされたい方を応援します!千葉の別荘を探すならこちら