任意売却はとても手間が掛かります。

任意売却は、銀行などから住宅ローンを借りて、支払いができなくなった人が債権者から抵当権権を行使されて競売にかかる物件を、競売の競争入札になる前に売却することを言います。任意売却の中で簡単なものは残債額が売却価格よりも低い場合です。この場合は通常の売買と同じように売却することが出来ます。苦労はいりません。しかし、多くの場合は、残債額が売買金額を上回っています。

抵当権も一本ではなく、何本も付いていますので、色々と調整が要ります。先ず、債務者と話して売却の意思を確認します。次に債権者と話し残債額を調整していきます。ほとんどの場合が残債価格の調整のところでダメになります。抵当権がいくら付いていても一番抵当権者には、お金が戻るために調整には応じてくれません。通常競売は、任意売却よりもかなり安い金額になりますが、競売に係る件数がとても多いために、一件ずつ話をするのは面倒な為に、ほとんど競売に回します。債権者も競売にかかるとかなり赤字になりますが、それでも不良案件を整理できるために簡単でいいようです。担当者も自分のお金ではないためにあまり関係はないようです。銀行はお金が無くなると国に泣きついて、税金を借りるのにいざ回収するときは、かなり適当にやっているようです。一件一件の話を聞いて任意売却に回すとかなりの金額が回収できると思います。銀行は面倒なことをしないようです。

そのために任意売却は多くの場合無駄骨に終わります。仮にお客さんを付けたとしても、なかなか話が進まないことが多く、苦労多くて益少ない仕事です。最近は競売も時間が掛からずにスムーズにできる様になっていますので、競売で処理することが多くなっています。任意売却になる物件は殆ど数が減っています。任意売却を扱う人も減ってきています。やっても意味が無いことが多いからです。これからも競売物件は多くなってくると思いますが、任意売却になるのは、残債額が少ない物件ばかりだと思います。任意売却は通常の物件よりも価格は安く出ることが多いので人気がありますが、数は多くは出てきません。そのために殆どの人が競売で確実に物件を手に入れる方法を選びます。そのほうが無駄が有りません。競売は競争入札のために、入札する価格が低いと落ちません。そのために入札を入れる業者はいつも真剣に価格を研究して入札します。入れる金額は、殆どが一円単位まで書いています。一円でも高いところに入札される為です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です