初めての任意売却は専門家の意見を聞きましょう

不況で現在はなかなか収入が伸びない時代です。お持ちの不動産の支払が負担になっている人も多いのではないでしょうか?不動産は支払金額が多いので、毎月きちんと支払うのは結構大変だと思います。高度成長期で給与が右肩上がりで上がって行く時代ならよいですが、そういう時代でもないので、給与のベースアップは若者は低いのが現状です。住宅ローンの延滞を繰り返すと、差押、競売予告などが来るのですが、銀行、保証会社、住宅ローンの支払い者である我々も、誰も競売などは望んではいません。銀行への支払いが延滞しても保証会社が銀行に支払いますし、保証会社はそういうリスクの為に保証料を取るのですから、それで事業としてはなりたっています。ただしあまりに延滞が続くと保証会社も困るので、競売等の予告が来るようになります。

競売は裁判所への手続きも必要になり、保証会社も住宅所有者も損をする事になるので、できれば保証会社との話し合いで解決した方が良いのです。たいていのサラリーマンは自宅のみの所有となるのですから、競売をさける為に任意売却という方法が取れますが、初めての任意売却となる人が大半です。自分でやると、プロでないとわからない事が多々ありますので、初めての場合プロに任せた方が賢明です。経験があった方がスムーズに進む確率が高いのです。今は激動の時代ですので、数年前は元気だった会社でも莫大な赤字を出してしまう会社もあります。大手製造業でもまさかの大リストラが行われています。自分一人の力ではどうにもならない事もありますので、会社の状況が大きく変わった場合には冷静に対応する事も必要です。

競売などにかけられますと、当然ご近所などにも知られる事になりますし、不動産も入札者が少なければ安く売られてしまいますので、全然良い方法とは考えられません。任意売却という方法が取れますので、初めての任意売却の場合には専門家に依頼する事をおすすめします。不動産は株券などとは違い、すぐに換金できるわけではないので、多少時間もかかりますので、そういう事も考えるとなおさらプロに相談した方が良いと思われます。時間の短縮にもなりますので、いい結果になる可能性が高いです。たいていの人は仕事を持っていて忙しいので、なかなか初めての任意売却でうまく時間を有効に使える、という事もないと考えられます。私たちは専門家ではないのですから、専門家に依頼した方がスムーズに行きやすいです。

返済のため、なくなく不動産を売りに出したんですが、まったく売れずに非常に困っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です